スクール概要

概要

1995年にスクール形式として、チームを発足してそれから20年の時が流れました。

それから、全国に多くのジュニアユースチームが出来ましたが、誰もがジュニアユースに入団出来るわけではありません。

そこで、出来る限り多くの子供たちに、専門知識を持った指導者のもとで、サッカーを出来る環境を与えたいとの思いから、現在もスクール形式で活動をしております。よって少年団、中学の部活動、他のジュニアユースチームに所属していても、誰でも参加して頂く事が可能です。

【Forca】とはポルトガル語で【頑張れ】という意味を表します。どんな時でも頑張れる人間になって欲しいという願いが込めれています。

当サッカースクールの特長

監督・コーチ陣

常日頃、現役でサッカーをやっている選手が、その経験をもとに直接指導します。当スクールの一番のストロングポイントです。

これは一見、普通の事のように思えますが、全国のサッカースクールの実情は、コーチ陣がサッカーを離れてしまっています。自分の経験値や昔取った杵柄をもとに指導しているスクールやチームが実情です。

当スクールでは、監督・コーチ陣自身も、日々トレーニングをして試合の経験を積み、今日のサッカーを身に付けながら(サッカーの潮流は年々変化します)、生徒にサッカーを教えています。

これは当スクールでないとできない練習スタイルです。

  • 現役選手が教えるからこそのサッカー感
  • 監督・コーチ陣も実技でお見せできる
  • その子にあった個別の対応ができる

例えば生徒が10人いれば性格・個性も十人十色です。全員に同じやり方で指導するのではなく、いろんな子に対しての個々の指導、メンタルトレーニングも可能です。

  • 全ポジションの指導が可能
  • お子さん1人ひとりに目が行き届く
  • 希望に合わせた技術指導

詳しくは「こんな方に」「よくお寄せいただくご質問」の項目もご覧ください。

スクール理念

理念

当スクールは指導者は、JFA(日本サッカー協会)公認ライセンスコーチをはじめ、技術と豊富な指導経験の持ち主です。

さらに現在も埼玉県社会人県リーグで活躍する現役選手であることから、技術レベル維持・向上するために日々トレーニングを行い、最先端の戦術・理論の吸収にも積極的に取り組んでいる選手が指導に当たっております。

第一に、個人の力を付ける事を大切に考え、長所を伸ばしサッカーの【楽しさ】【技術】【知識】【考える力】と共に、【礼儀】【マナー】【自立】【協調性】を身に付け、色々な地域の仲間とのサッカーを通して触れ合い、コミュニケーションの習得と向上を目標にしております。

育成目標

育成目標

サッカーが大好きな子を育てる事を、第一の目標としながらも、

勝負は二の次とせず、勝負にこだわりを持たせ、
【勝】を求めて頑張り【負】の悔しさを知り、
そこから【学び】どうしたら【勝】つことが出来るのかを【考え】
何度もチャレンジし【頑張れる】選手

を育成したいと考えております。

その気持ちを持った選手が、将来大人になった時に、例えサッカー選手になれなくても、どんなに苦しい環境下でも自分を見失わず、【頑張る】ことの出来る社会人になり、社会に貢献できる人間になってくれると、信じているからです。

090-3201-0857

初めての方でもお気軽にご相談ください

〒350-0466 埼玉県入間郡毛呂山町平山3丁目15 武蔵越生高校 人工芝サッカー場
東武越生線「武州唐沢」駅より武蔵越生高校サッカー場まで徒歩4分